ライフハック

【初心者向け】mac版iMovieでトリミングをする方法

スポンサーリンク

iMovieでのトリミングの基本

iMovieは、Macユーザーにとって馴染みのある動画編集ソフトウェアの一つで、簡単なトリミング機能も備えています。トリミングとは、動画の一部分を切り取って、編集することです。例えば、不要な部分を削除したり、必要な部分だけを切り出したりすることができます。

トリミングの方法

iMovieでトリミングをするには、まず編集したい動画をタイムラインにドラッグします。編集したい部分を選択し、上部のメニューバーから「トリム」をクリックします。トリミングツールが表示されるので、動画の先頭や末尾から不要な部分を切り取ることができます。また、動画の中央部分をトリミングする場合は、トリミングツールを動画の中央にドラッグすることで選択範囲を変更することができます。

トリミングを利用した動画編集の例

トリミングを利用した動画編集の例として、簡単なスライドショーを作成してみましょう。まず、iMovieで写真をドラッグしてタイムラインに配置します。写真をクリックし、「トリム」を選択します。写真をトリミングすることで、必要な部分だけを切り出します。次に、BGMを追加します。BGMを追加するには、「音楽」をクリックして曲を選択し、タイムラインにドラッグします。BGMの長さを調整するために、BGMを選択して「トリム」をクリックします。最後に、タイトルを追加して完成です。

スポンサーリンク

トリミングの注意点と補足

トリミングを行う際には、以下の点に注意することが重要です。

  • クリップの終わりを切りすぎないように注意する
  • クリップの始まりと終わりに「トランジション」と呼ばれるエフェクトを追加することで、自然な流れを作り出すことができる

また、iMovieにはトリミング以外にも多数の編集機能があり、これらをうまく活用することで、よりプロフェッショナルな動画作品を制作することが可能です。例えば、iMovieにはテキストやタイトルを追加する機能があり、これを使うことで、クリエイティブなタイトルや字幕を追加することができます。

さらに、iMovieは音声の編集にも優れており、背景音楽の追加や音量調整などが簡単にできます。また、iMovieにはボイスオーバー機能があり、ビデオに自分の声を録音して追加することも可能です。

以上が、iMovieでのトリミング方法と注意点、さらにトリミング以外の編集機能についての紹介となります。iMovieを使いこなすことで、誰でも簡単にプロフェッショナルな動画作品を制作することができます。

スポンサーリンク

© 2024 OSHIKEIブログ