サブスク

【お得に歯をきれいに!】歯ブラシのサブスクサービス7選

スポンサーリンク

こんにちは!

みなさん毎日歯磨きしているでしょうか?

一生のお付き合いになるかもしれない歯は大切にしなければいけません。

ただ意外と歯磨きは大事に思っているけど、歯ブラシの重要性にはなかなか目が行かない人もいるのではないでしょうか?

最近僕が注目しているのが歯ブラシのサブスクサービスです。

毎日行う歯磨きだからこそ、いい歯ブラシををお得に利用したい人にとってはおすすめのサービスです。

今回はおすすめの歯ブラシのサブスクサービスを10個ほど紹介していきたいと思います。

この記事でわかること

  • 歯ブラシのサブスクとはそもそも何なのか?
  • 歯ブラシのサブスクのメリットとデメリット
  • 歯ブラシのサブスクをやっているサービスと特徴

歯ブラシのサブスクとは?

歯ブラシのサブスクとは毎月歯ブラシ(または電動歯ブラシ)が送られてきて、次の月にはまた新しい歯ブラシが届くサービスです。

新しい歯ブラシが定期的に届くので常に清潔な歯ブラシを利用することができます。

メリット

  • コストパファーマンスが高い
    サービスにもよりますが月額300円〜1500円くらいの相場で利用できるので高い電動歯ブラシを買うよりもコストパファーマンスが良いです。
  • 清潔な状態で歯ブラシを使い続けることができる
    月に1回新しい歯ブラシが届くので衛生的に良い状態で使い続けることができます。
  • 電動歯ブラシの場合店頭での替えブラシの売り切れや取り寄せの必要がなくなる
    お気に入りの歯ブラシを見つけても近くのお店では売り切れてたり、取り扱いをやめてしまったすることがありますが、サブスクの場合その心配はいりません。

デメリット

  • 最低契約期間が存在する
    お試しで1ヶ月だけということができないのである程度は使い続けなければいけません。
  • 毛の柔らかさなどが選べない
    人によっては硬いブラシが好みな人や柔らかいブラシが良いという人もいますが、基本的に届くブラシの硬さのものを使う必要があります。

料金

気になる歯ブラシのサブスクのお値段ですが、

月額300円〜1500円

です。

サービスによって料金レンジが異なるので今から紹介するサブスクサービスで詳細な料金は掲載させていただいております。

 

歯ブラシの選び方

サブスクサービスを利用する上でまずは「どんな歯ブラシを選べばいいのか?」ということを抑えておくと失敗のないものを選ぶことができると思います。
サブスクサービスで届く歯ブラシを選ぶ際の参考にしてもらえれば嬉しいです。

通常の歯ブラシの選び方

  1. 毛の硬さ
    結論としては、「ふつう」の硬さのものが良いと言われています。硬さには「硬め」「ふつう」「やわらかめ」があります。
    汚れを落としやすいのは「硬め」がおすすめですが歯茎を傷つける原因になってしまったり、下がったりすることがあるので注意が必要です。
    歯茎が下がると虫歯や知覚過敏につながる可能性があります。逆に「やわらかめ」のものは歯茎への負担が少なく済みますが汚れが落ちにくいためブラッシングに時間をかける必要があります。このことからほどよく汚れを落としやすく、歯茎の負担がほどよく少ない「ふつう」が良いと言われています。
  2. 毛先の形
    毛先の形は大きく分けて「「円状(ラウンド)」「テーパード」の2種類があります。
    ・円状(ラウンド):根本から毛先まで均等な太さで、毛先が丸い。(一般的な歯ブラシ)
    ・テーパード:毛先が細い。ラウンドは毛の太さが均等なため、張りや弾力があります。そのため歯の汚れを効率よく落とすことができます。
    テーパードは張りや弾力はラウンドに劣るものの葉と歯茎の間まで届くので歯周病予防や進行の抑止に繋がります。通常の歯磨きであれば「ラウンド」、歯周病が心配な方はテーパードがおすすめと言えるでしょう。
  3. 歯ブラシヘッドの大きさ
    歯ブラシヘッドの大きさはやや小さめのものがおすすめです。
    なぜなら、ヘッドが小さいものは口の奥まで届くやすいのでより汚れを落としやすくなっているからです。
    ただし、小さすぎるとブラッシングの面積も小さくなるので歯磨きの時間が増えてしまいますのでそれが嫌な方は極小は選ばないほうがいいでしょう。
  4. 持ち手の形
    歯ブラシを持つ部分ですがこれは太さや持ち手の部分が少し曲がっているものまで様々ですが、基本的には持ちやすいものを選ぶのが一番です。

電動歯ブラシの選び方

  1. 駆動タイプ
    電動歯ブラシには主に音波振動式回転式の2種類があります。
    ・音波振動式:音波の振動によって水流や気泡を発生させて毛先の届きにくいところの汚れまで落としやすくしてくれます。最近の電動歯ブラシはこちらが主流です。刺激も少ないので歯茎の負担も軽減してくれます。
    ・回転式:ブラシが回転するタイプのもので1本1本丁寧に磨くことが可能です。
  2. 充電式か電池式か
    電動歯ブラシは充電式と電池式があり、自宅で使うのであれば充電式のほうが便利です。
    家ではなく旅行先などで使う場合は電池式のほうが荷物がかさばらないのでおすすめです。
  3. 本体のサイズ
    電動歯ブラシのグリップの部分の大きさとなりますが、自分が一番持ちやすいものを選べばいいでしょう
  4. ヘッドの大きさ
    通常の歯ブラシ同様、小さめのヘッドをおすすめします。
    特に電動歯ブラシを使い慣れていない人はヘッドで歯茎を傷つけてしまう可能性がありますので扱いに慣れるまではヘッドが小さめのものを使いましょう。

歯ブラシってどのくらいのペースで交換をした方がいいの?

どんな歯ブラシも1ヶ月を目安に交換することをおすすめします。

なぜなら、どんなに大事に使って清潔に使っていたとしても歯ブラシの根本では菌が繁殖してしまうからです。

歯ブラシのサブスクサービスも原則新しいものを1ヶ月で交換するにはそういった理由もあります。

おすすめの歯ブラシのサブスクサービス

おすすめの歯ブラシのサブスクをご紹介いたします。

1.ガレイドデンタルメンバー

GALLEIDO-DENTAL-MEMBER-電動歯ブラシ-サブスクリプション-GALLEIDO-ONLINE-STORE

電動歯ブラシのサブスクサービスのガレイドデンタルメンバーは料金が安くコスパが良いサブスクサービスです。

ガレイドデンタルメンバーの基本スペック

  • 歯ブラシタイプ:電動
  • 駆動タイプ:音波式
  • 電源:充電式
  • 本体の大きさ:普通
  • ヘッドの大きさ:普通
  • 歯ブラシの硬さ:普通

メリット

  • 本体代無料
  • 税込み308円から使える(業界最安値)
  • 本体永久保証(契約期間内)
  • 替え歯ブラシを選べる

デメリット

  • 歯ブラシの硬さは選べない
  • 最低利用期間がある(配送3回以下の解約は手数料1,980円)
  • USBアダプターは付属されていない

料金

308円/月〜(税込み)

※配送サイクルは90日なので3ヶ月分の支払い(308円×3ヶ月=924円)となります。

ガレイドデンタルメンバーの公式ページ

 

2.Lilly(リリー)

Lilly(リリー)は超音波歯ブラシというもので電動歯ブラシの中でも、通常の音波式の歯ブラシよりもさらに160万〜200万Hzの人の耳には聞こえない音波を発生させます。

スポンサーリンク

それにより発生させた水流は、ブラシの届かない歯と歯の間の汚れをかき出すことができます。

Lillyの基本スペック

  • 歯ブラシタイプ:電動
  • 駆動タイプ:音波式
  • 電源:充電式
  • 本体の大きさ:普通
  • ヘッドの大きさ:普通
  • 歯ブラシの硬さ:普通

メリット

  • 本体は永久保証
  • 色のバリエーションが豊富
  • 防水
  • 毎月替えブラシが届く(送料無料)

デメリット

  • 最初の6ヶ月は少し値段が高くなる
  • 小さな子どもは使えない(小学校高学年以上推奨)

料金

最初の6ヶ月:2,800円(税込)/月

7ヶ月から:800円(税込)/月

Lillyの公式ページ

3.Quip(クイップ)

Quip(クイップ)は、シンプルでクールなデザインの海外でのサブスクサービスです。

もちろん日本にも発送してくれます。

Quipの基本スペック

  • 歯ブラシタイプ:電動
  • 駆動タイプ:音波式
  • 電源:電池式
  • 本体の大きさ:普通
  • ヘッドの大きさ:小さめ~普通
  • 歯ブラシの硬さ:普通

メリット

  • 歯ブラシの色や素材を選べるので自分好みでカスタマイズができる
  • 子供向けのものもある

デメリット

  • 海外サービスなのでサイトも英語

料金

Quipは差所にスターターキットを購入します。

スターターセット歯磨き粉をセットにするかなどで変わってきますが例えば

  • 本体部分
  • ブラシ
  • 収納ケース
  • 歯磨き粉
  • 電池

のセットの場合は40ドル(日本円で約4,300円)になります。

Quipの公式ページ

4.Curline(キュアライン)

Curline

体重計や体温計などで有名はオムロン社の電動ハブラシのサブスクサービスです。

スマホとクラウド連携を活用した歯磨き見守りサービスもあります。

Curlineの基本スペック

  • 歯ブラシタイプ:電動
  • 駆動タイプ:音波式
  • 電源:電池式
  • 本体の大きさ:普通
  • ヘッドの大きさ:小さめ
  • 歯ブラシの硬さ:普通

メリット

  • 超小型位置検知センサーが、磨いている位置や歯ブラシの角度を検知してくれ、角度を外れる本体のランプが赤く光って知らせてくれる
  • アプリで分かりやすく、磨き方をサポートしてくれる
  • 自分に最適な歯磨き方法が登録された歯ブラシを購入できる

デメリット

  • 個人で利用するには最初にCurlineを実際に導入をしている歯医者で診察を受ける必要がある
  • 本体価格が高め

料金

音波式電動歯ブラシ「HT-B570T」本体:27,000円(税別)※初月のみ

アプリ月額使用料:2人まで無料、3人目から1,000円

Curlineの公式ページ

5.奇跡の歯ブラシ

奇跡の歯ブラシ

奇跡の歯ブラシのはブラシ部分がピラミッドのように中央が山のようにとんがっているのが特徴の歯ブラシです。

電動歯ブラシでがありませんが、このピラミッドブラシが歯と歯の間に簡単に毛先が届き、少ない力でも効率よく汚れを落としてくれます。

奇跡の歯ブラシの基本スペック

  • 歯ブラシタイプ:通常
  • 本体の大きさ:普通
  • ヘッドの大きさ:普通
  • 歯ブラシの硬さ:普通

メリット

  • 電動と違い充電切れの心配がない
  • コンパクトなサイズなので持ち運びが便利
  • コスパがいい

デメリット

  • 電動歯ブラシではないのでしっかり意識的に磨く必要がある

料金

毎月お届けコース(おとな用2本、子ども用1本):990円(税込み)

毎月お届けコース(おとな用2本):660円(税込み)

奇跡の歯ブラシ公式ページ

6.サブスクB

ソラデーN4 YUKI

サブスクBは、他の歯ブラシのサブスクサービスと違い、歯ブラシ専門のサブスクサービスではなく、化粧品や健康食品・日用品などの商品の中から、毎月商品を選んで購入することができるサービスです。

サブスクBは商品数が非常に多くその中に歯ブラシもあるので「歯ブラシだけではなく他の商品も一緒に購入したい」という方におすすめです。

毎月選べる商品数はコースによって変わります。

サブスクBの歯ブラシ『ソラデーN4 YUKI』基本スペック

現在サブスクBで取り扱っている歯ブラシは『ソラデーN4 YUKI』だけのようなのでこちらを紹介させていただきます・

  • 歯ブラシタイプ:通常
  • 本体の大きさ:普通
  • ヘッドの大きさ:普通
  • 歯ブラシの硬さ:普通

メリット

  • 国内製
  • 防水
  • いつでも解約可能
  • 他の商品も併せて選べる

デメリット

  • 歯ブラシだけほしい人には向かない

料金

ここではサブスクB自体の料金体系についてご紹介します。

毎月2アイテム選べるコース:税込4,389円/月(初月62%オフ)

毎月3アイテム選べるコース:税込6,578円/月(初月50%オフ)

毎月6アイテム選べるコース:税込10,978円/月(初月50%オフ)

サブスクBの公式ページ

7.BYTAPS

BYTAPS

BYTAPSは職人が1本1本丁寧に作っている歯ブラシです。

持ち手はやや重めですがその重さが正しい歯磨きを促進させ、毎日のめんどくさい歯磨きのルーティンをクセにしてくれます。

 

BYTAPSの基本スペック

  • 歯ブラシタイプ:通常
  • 本体の大きさ:普通(やや重め)
  • ヘッドの大きさ:普通
  • 歯ブラシの硬さ:普通

メリット

  • マイナスイオンを発生させ、水でも洗浄力が高いです。

デメリット

  • 初期費用が高め

料金

BRUSHING PLAN:初期費用7,590円(税込)+毎月の替えブラシ配達480円(税込)※送料無料

BYTAPSの公式ページ

まとめ

歯ブラシのサブスクサービスについてまとめました。

歯は一生モノなので毎日の歯ブラシをお得で清潔に行って行きましょう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




© 2021 OSHIKEIブログ