WordPress

【すぐに治せる】functions.phpをいじってたらワードプレスの画面が真っ白になった時の解決策

【トラブル解決】ワードプレスのfunctions.phpを編集したらエラーが起きた時の対処法
スポンサーリンク

ワードプレスのfunctions.phpを編集していたらサイトだけでなく管理画面までまっしろになってしまった!どうしよう。。。

今回はこのような時の解決方法を解説します。

ワードプレスのカスタマイズしたいとき、functions.phpというファイルを編k集ことってよくありますよね?
でもあのファイル、実はとても繊細なファイルで設定方法を間違えるとサイトだけでなく管理画面までエラーメッセージや真っ白になってしまったりしまいます。

めちゃくちゃ焦ると思いますが落ち着いて対処すればすぐに復旧できます。

この記事でわかること

ワードプレスのfunctions.phpを編集したらサイト、管理画面が真っ白になった時の対処法

この記事の信頼性

僕自身ワードプレスでのサイト制作案件が1番多いです。
制作の過程で今回のようなエラーは経験をしていてそこで学んだ知識となります。

エラーの原因

エラーの原因

そもそもどうしてこのようなエラーがおきてしまうのでしょうか?

大体の原因はPHPエラー

functions.phpにはPHPで様々な処理を書くことができます。
ワードプレス初心者の方はあまり触れる機会が少ないのかもしれませんが、高度なカスタマイズをするときは必ずと言っていいほどこのファイルを編集をします。

ただこのfunctions.php、サイト側だけでなく管理画面をカスタマイズしたいときにも使います。

なのでPHPの処理を書いており、構文エラーなどになると管理画面にも影響がでてしまい、結果的に管理画面を見ることができなくなってしまいます。

なのでfunctions.phpを編集する場合は慎重に扱うようにしましょう。

管理画面がまっしろになってしまった時の対処法

管理画面がまっしろになってしまった時の対処法

スポンサーリンク

詳しい解説の前にまずは下記の大前提をおこなってください。

FTPソフトによるfunctions.phpのバックアップ

これさえやっておけばもう安心です。

functions.phpのファイルの場所

functions.phpはワードプレス内の各テーマフォルダの直下に必ずおかれています。

「wp-content」→「themes」→「テーマ名」フォルダのすぐ中です。

funcrionsの場所

バックアップができたら、あとはfunctions.phpを編集してエラーが出てしまってもFTPからバックアップファイルをアップロードしてあげれば再び管理画面が見れるようになるでしょう。

ファイルの編集はFTP側で操作するようにしましょう

ファイルの編集はFTP側で操作するようにしましょう

functions.phpに限らずstyle.cssやsingle.phpなどは管理画面のテーマエディターで簡単に編集ができます。
ただ、一回更新をしてしまうとひとつ前の操作に戻る(ショートカットでいうとCtrl+z)こともできないですし、何かと不便です。また、最近はVisual Studio Codeなどコーディングに特化したエディターソフトがあり、ワードプレスのテーマエディタを使うよりもはるかに効率的に作業ができます。

脱初心者に向けて今のうちFTP経由での編集を練習しておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




© 2021 OSHIKEIブログ