WordPress

初心者がワードプレスを難しいと思う理由と解決方法【結論:難しくないです】

初心者がワードプレスを難しいと思う理由と解決方法

  • ワードプレスをはじめてめたいけどドメインやらレンタルサーバーやらなんだか難しそう
  • ワードプレスをインストールしてみたは良いけど機能が多すぎて何から手を付けていいか分からない

このような疑問にお答えします。

ワードプレスはサイト作成やブログ運用など様々なシーンで活躍できる万能なCMSです。

カスタマイズ性が高いため自由度が他のCMSと比べてもかなり高いのも人気の理由です。

しかし、その高すぎる自由度のため初心者の人がいざワードプレスをはじめようと思うと何をすればいいのか分からないという人がいます。

ぼくもワードプレスを始めたときは何度も挫折をしていました。

そんな過去の僕の経験からなぜ初心者にワードプレスが難しいと感じるのか。という原因とそのための解決策を考えてみました。

この記事の信頼性

  • ワードプレスをはじめて約10年くらいになります。
  • 今でもワードプレスは仕事やプライベートでも使っています。
  • プログラマーではないのでワードプレスを始めたころはよく挫折をしていたのでノンプロラマーが挫折しやすいところはわかります。

初心者にとってワードプレスは難しいのか?

結論、難しくはありません。
ワードプレスを難しく感じてしまう原因は前述したとおり、自由度が高すぎるために何でもできちゃうためです。

自由度が高いため、ワードプレスに関する様々な情報がネットや書籍に本当に多く逆にそれが混乱を招く原因になってしまうのが原因のひとつではないかなと僕は考えております。

しかし、実は初心者がワードプレスを使うのに複雑なことをする必要はありません。
ネットなどに落ちているカスタマイズテクニックは初心者向けももちろんありますが、中級者〜上級者向けの情報まであるので初心者の人が中級者〜上級者向けの情報をみてしまうと

「functions.phpってなに?」

「てかPHPってなに?」

という感じになってしまいます。

このように膨大なネット情報があるために初心者がワードプレスを難しく感じてしまうのだと思っています。

ぼくの中ではワードプレスの初心者、中級者、上級者の違いは下記ではないかと思っています。

  • 初心者
    管理画面から投稿やカテゴリの作成ができる
    管理画面からプラグインをインストールできる
    管理画面からテーマ(デザインテンプレート)をインストールできる
  • 中級者
    functions.phpを編集してカスタマイズができる
    HTMLやCSSファイルを直接編集ができる
  • 上級者
    プラグインを自分で開発ができる
    自分でテーマを作成することができる

このことから初心者ができていればいいことって管理画面内で完結できることです。
これだけで十分ブログやアフィリエイトサイト運用をすることができます。

デザインのカスタマイズなどはワードプレスに慣れてきてからやればいいし、カスタマイズできないと不利になってしまうことは基本的にありません。

初心者がワードプレスを難しいと思う原因と解決策

ここからは、初心者が難しいと思う原因とその解決策について書いていきたいと思います。

原因:レンタルサーバーやドメイン契約などがある

ワードプレスはアメブロやはてなブログなどのブログサイトと違って会員登録してすぐにブログを書き始められるわけではありません。

ワードプレスでブログやサイトを開設するためにはレンタルサーバーやドメインを契約する必要があります。

なのでワードプレスをインストールする前にいくつか超えなければならないハードルがあるためサイトを開設する前に難しく感じてしまうのかもしれません。

解決策:ドメインの契約もできて、ワードプレス簡単インストール機能がついてるレンタルサーバーを選ぼう

最近のレンタルサーバーはサーバーだけではなく、ドメインもそのサーバーで取得できるものがほとんどです。
なので「サーバーは◯◯で契約してドメインは✗✗で取得して」みたいなことをしなくても大丈夫です。

最近はワードプレス簡単インストール機能がついているレンタルサーバーもありますのでレンタルサーバーさえ契約してしまえばドメインの取得→ワードプレスのインストールまで驚くほどスムーズにできてしまいます。

レンタルサーバー×ドメイン×ワードプレスがセットで使えるレンタルサーバー

レンタルサーバー契約〜ワードプレスインストールまでは一括でできるレンタルサーバーには下記の様なものがあります。

原因:テーマが多すぎて何を選んでいいのか分からない

ワードプレスにはテーマと呼ばれるデザインテンプレートみたいなものがあります。
このテーマは誰でも作成することができ、(審査はありますが)ワードプレスの公式ディレクトリに登録することが可能です。

そのため、どのテーマを選んでいいのかが分からないです。

解決策:SEO対策ができているテーマを選ぼう

あなたのサイトのコンセプトによりますが、抑えておくべきことは基本的なSEO対策がすでにできているテーマを選ぶといいでしょう。

基本的なSEO対策とは下記のようなものがあります。

  • 表示速度が早い
  • タイトル、ディスクプションが自由に編集できる
  • 構造化データが入っている

これらの条件を満たしている代表的なテーマとしては下記が挙げられます。

有料テーマはコストがかかるだけあってかなり高機能で、色々なカスタマイズが簡単にできますのでお財布に余裕があれば検討をおすすめします。(ちなみにぼくのこのOshikeiブログはAFFIGER5を利用しています)

無料テーマでも上記で紹介したCocoonやXeoryであれば十分にSEO対策できていると思いますのであとはあなたの好みに合わせて選んでしまって大丈夫かと思います。

原因:機能が多すぎて何をしたらいいのか分からない

ワードプレスは管理画面を見ただけでもメニューがたくさんあって、どこで何ができるのかわからなくて管理画面を触る気が失せてしまいます。

解決策:初心者はまずは記事投稿のやり方を覚えましょう

最初は深く考えず、「投稿」→「新規追加」から記事を書いて投稿してしまいましょう。
ワードプレスの管理画面で一番滞在してるのは間違いなく投稿画面になると思うので投稿画面の編集にさえ慣れてしまえばとりあえずは大丈夫です。

テーマやプラグインなどは後からでもいくらでも追加・変更ができます。

原因:プログラミングが絡む

ワードプレスはPHPと呼ばれるプログラミン言語で作られたツールです。

ワードプレスの使い方でググったりしているとPHPのソースコードで解説がされているページがでてきてしまい、意味がぜんぜん理解できなくなってしまいます。

解決策:初心者は考えなくてOKです

PHPで解説されているページは中級者〜上級者向けのページです。

ぶっちゃけワードプレスはPHPがわからなくても問題なく運用できるので初心者の方はこの様なページが出てきたらそっとブラウザバックしてしまって大丈夫です。

まとめ

ここまで、初心者がワードプレスを難しいと思う原因と対策方法になります。

ワードプレスはできることが多すぎるために情報過多になり、結果的に初心者の人が混乱してしまいます。
でも、初心者が覚えればいいことは多くはないのでまずはワードプレスを触れてみることをおすすめします。

© 2021 OSHIKEIブログ