WordPress

【初心者向け】ワードプレスでGoogle Analyticsを導入する方法

ワードプレスにGoogle Analyticsを導入する方法

ワードプレスでサイトを作ったけどGoogle Analyticsの導入の仕方がわからない。

今回はこのような疑問に答えるためにワードプレスにGoogle Analyticsを導入する方法を説明していきます。

サイトを作成したらアクセス解析ツールは絶対に欠かせません。
アクセス解析ツールで最も有名なツールといえばGoogleが無料で提供しているGoogle Analyticsではないでしょうか。
Google Analyticsは上場企業の8割以上が導入しているほど利用率が多いツールなので使い方なdもググればいくらでも情報が落ちています。

Google Analyticsはよく「GA」と略して呼ばれます。

Google Analyticsを導入すれば日々のアクセスがどのくらいあったかを確認できたり、コンバージョンの計測ができたりするなど様々なメリットがあります。
もちろん、ワードプレスにもGoogle Analyticsを導入することができます。(しかも簡単に)

今回はそんなワードプレスにGoogle Analyticsを導入する方法をご紹介します。

Google Analyticsをワードプレスに導入する手段は主に2つ

Google Analyticsをワードプレスに導入する手段は主に2つ

Google Analyticsをワードプレスに導入する手段は主に下記2つになります。

  • プラグインを使う
  • 直接コードを書き込む

プラグインを使えば簡単にGoogle Analyticsを導入できるので初心者の方には特におすすめです。
直接コードを書き込む場合はHTMLのコードが多少読めるのであれば楽勝ですが、「HTMLって何?」という人には少し難易度が高いかもしれません。

プラグインを使う(All in One SEO Pack)

Google Analyticsを導入するプラグインとしてAll in One SEO Packがおすすめです。
All in One SEO PackはSEO最適化を助けてくれるプラグインでタイトルやディスクリプションの細かい設定やsitemap.xmlの自動生成などもできるすぐれものです。

プラグインの導入方法がわからない人は以下の記事が参考になると思います。

>> 【初心者向け】ワードプレスにプラグインを導入する方法

All in One SEO Packを導入するとサイドバーにメニューが追加されます。

all in one seoがメニューに追加されます

クリックすると一般設定の画面が表示されるので下にスクロールしていくと「Google アナリティクス」という項目がありますのでそこにGoogle Analyticsにあなたのサイトを登録した際に発行された「UA-」から始まるGoogle Analytics IDを登録します。

GA-IDを入力

最後にページ一番下にある「設定を更新」を押せば完了です。
これであなたのサイトにもGoogle Analyticsが導入されているはずです。

直接コードを書き込む

プラグインを使わずにGoogle Analyticsをワードプレスに導入したい場合は、直接サイトのHTML内にGoogle Analyticsのトラッキングコードを埋め込みます。

手順1:header.phpにアクセスする

ワードプレス管理メニューより「外観」→「テーマエディター」に移動します。

テーマエディターを選択

「テーマファイル」より「header.php」を選択します・

headerファイルを選択

headr.phpファイルが表示されるとソースコードの中に「<head>」というタグがあるはずです。
そのすぐ下にGoogle Analyticsのトラッキングコードを埋め込みましょう。

head開始タグのすぐ下にGAのトラッキングコードを埋め込む

埋め込んだらページの一番下にある「ファイルを更新」をクリックすれば完了です。

© 2021 OSHIKEIブログ